学会案内定例研究会案内大会案内会報・機関誌田邉尚雄賞
社団法人 東洋音楽学会
東日本支部西日本支部沖縄支部情報公開リンク

 最新の受賞者・授賞対象
 これまでの受賞者・
 授賞対象

田邉尚雄賞について

 田邉尚雄(1885‐1984)は、東洋音楽学会の初代会長で、のちに名誉会長となった音楽学者です。田邉尚雄賞は、東洋音楽研究のいっそうの発展を促し、わが国における学術の発展に寄与するために、東洋音楽に関する研究の奨励及び会員の研究業績を表彰することを目的として昭和58(1983)年度から実施されています。この賞の生まれた経緯については、機関紙『東洋音楽研究第49号』(1984)に以下のように記されています。

  昭和五十七年故田辺尚雄先生の白壽の祝賀に際して、先生より研究業績の表彰事業のための資金として、東洋音楽学会に五十万円の御寄附があり、次いで五十八年百歳および文化功労者の御祝に当り、五十万円の御寄附を頂いた。本学会はその御厚意をお受けし、定款第五条四の事業として「田辺尚雄賞」を設け、昭和五十八年度から実施することになった。

 毎年、学会員5名から構成される田邉尚雄賞選考委員会が作られ、審査を行う前年の1月1日から12月31日までに発行された会員による研究業績を対象として選考が行われます。

最新の受賞者・授賞対象

平成28年(2016)年度、第34回田邉尚雄賞は、以下のように決定しました。

[受賞者・授賞対象]

大内 典

『仏教の声の技:悟りの身体性』
2016年3月10日発行、京都:法藏館、ISBN 978-4-8318-6232-7


[選考経過]

2017年3月19日(日)に開催された第34回田邉尚雄賞選考委員会において、候補にあがった全7件の選考対象のそれぞれについて、内容を中心に、さまざまな角度から慎重に審議を重ねた結果、全員一致で上記一件が授賞にふさわしいとの結論に達した。

選考委員: 井上貴子(委員長)、奥山けい子、加藤富美子、中原ゆかり、吉野雪子

[授賞理由]
本書は、平安中期から中世にかけて日本天台の諸活動から生まれた声の技に着目し、教理および儀礼において人間の声と聴覚体験に期待された機能を明らかにするものである。とりわけ「悟り」の変容を「声」を切り口にして論じ、仏教が日本に定着する過程で儀礼実践が引き起こす感覚的身体的効果が活用され、仏智獲得における身体の役割を天台と鎌倉仏教が認識していたことが明らかにされる。分析対象は多岐に渡り、多様な文献に加え民族誌的情報も活用されている。儀礼や声の技の実践については「パフォーマティブ(行為遂行的)」な分析が用いられ、仏教研究における声や音への注目の重要性が指摘される。このように、本書は、仏教学、歴史学、音楽学等の複数の領域から対象にアプローチし、宗教と音あるいは身体的実践との深い関係性に切り込み、宗教音楽研究に新たな地平を切り開くものである。また、論理性や方法論的にも新規性が高く、非常に優れた研究であると評価された。


第35回田邉尚雄賞アンケートのお願い

第35回田邉尚雄賞選考委員会では、新刊情報を広く収集しています。会員の業績を顕彰する貴重な機会ですので、著作物を出版される際は、選考委員会までお早めにお知らせください。自薦のほか他薦も歓迎いたします。

選考対象 2017(平成29)年1月1日~12月31日の発行物 
受付期間 随時。締切は2018(平成30)年2月上旬(予定)。
記入事項 著者名、書名、発行年月日、発行所名。なお、論文の場合は、掲載誌名、巻次、編集者名、論文頁数も記してください。推薦理由を簡潔にお書き添えいただいても構いません。 
送り先

東洋音楽学会 第35回田邉尚雄賞選考委員会

(郵 送) 〒110-0005 東京都台東区上野3-6-3 三春ビル307号
(FAX) 03-3832-5152
(E-mail) LEN03210@nifty.com
選考委員 (再任)奥山けい子、加藤富美子、吉野雪子
(新任)梶丸岳、寺田吉孝