学会案内定例研究会案内大会案内会報・機関誌田邉尚雄賞
社団法人 東洋音楽学会
東日本支部西日本支部沖縄支部情報公開リンク

 最新の受賞者・授賞対象
 これまでの受賞者・
 授賞対象

田邉尚雄賞について

 田邉尚雄(1885‐1984)は、東洋音楽学会の初代会長で、のちに名誉会長となった音楽学者です。田邉尚雄賞は、東洋音楽研究のいっそうの発展を促し、わが国における学術の発展に寄与するために、東洋音楽に関する研究の奨励及び会員の研究業績を表彰することを目的として昭和58(1983)年度から実施されています。この賞の生まれた経緯については、機関紙『東洋音楽研究第49号』(1984)に以下のように記されています。

  昭和五十七年故田辺尚雄先生の白壽の祝賀に際して、先生より研究業績の表彰事業のための資金として、東洋音楽学会に五十万円の御寄附があり、次いで五十八年百歳および文化功労者の御祝に当り、五十万円の御寄附を頂いた。本学会はその御厚意をお受けし、定款第五条四の事業として「田辺尚雄賞」を設け、昭和五十八年度から実施することになった。

 毎年、学会員5名から構成される田邉尚雄賞選考委員会が作られ、審査を行う前年の1月1日から12月31日までに発行された会員による研究業績を対象として選考が行われます。

最新の受賞者・授賞対象

 平成25(2013)年度、第31回田邉尚雄賞は、以下のように決定しました。

[受賞者・授賞対象]
梶丸岳
『山歌の民族誌――歌で詞藻を交わす』
2013年3月31日発行、京都:京都大学学術出版会、ISBN978-4876982707

[選考経過]
 2014年3月9日(日)に開催された第31回田邉尚雄賞選考委員会(会場:マイスペース新橋汐留口駅前店)において、今回推薦された業績7件について慎重に審議し、上記が選ばれました。授賞式は本学会第65回大会で行われる予定です。

[推薦理由]
 本書は、中国・貴州省のプイ族の山歌(民謡)を対象に、「歌掛け」という相互行為を全方位的に論じた労作である。山歌が歌われる社会的コンテクスト(脈絡)と現代的変化、山歌自体のテクスト(歌詞・旋律・形式・修辞技法)と「掛け合い」での対話のあり方、「歌掛け」の普遍的な身体論という3つの研究領域が示され、巧みな比較の枠組み設定により、プイの「歌掛け」の特質が浮き彫りにされた。とくに声調言語と旋律の結びつきに関する新見がみられた。DVDの添付やフィールドワークの素描も効果的であった。以上独創的な方法と徹底した分析、綿密な例証と考察により、新たな「歌掛け論」ともいうべき歌謡生成に関する研究視座を示したことが、高く評価された。


第32回田邉尚雄賞アンケートのお願い

 第32回田邉尚雄賞選考委員会では、同賞の選考にあたり、推薦情報を募集しています。会員の業績を顕彰する貴重な機会ですので、皆さまからの積極的なアンケート送付をお願いいたします。自薦他薦は問いません。

選考対象 2014(平成26)年1月1日〜12月31日の発行物  
アンケート締切 2015(平成27)年2月上旬(予定)
随時受け付けますので早めにお知らせください。  
記入事項 著者名、発行年月日、発行所名
なお、論文の場合は、以上のほか、掲載誌名、巻次、編集者名、論文頁数も記してください。  
送り先 (社)東洋音楽学会 第31回田邉尚雄賞選考委員会
  (郵 送)〒110-0005
   東京都台東区上野3-6-3三春ビル307号
  (FAX)03-3832-5152
  (E-mail)  
選考委員 金城厚、福岡まどか、横井雅子(以上継続)
加納マリ、三浦裕子(以上新規)