沖縄支部

本学会には、3つの支部があります。沖縄支部は、沖縄県に在住する会員から構成され、定例研究会の開催と支部通信の発行を行っています。

定例研究会の開催は、年間2回程度を予定しています。学会員以外の方々も聴講可能です。定例研究会の内容は、支部通信のほか、学会ホームページに掲載する予定です。また沖縄支部では、随時、例会発表希望者を受け付けております。他支部会員の発表も歓迎致します。

これから行われる定例会のご案内

日時 2018年6月9日(土)14:00~16:00
場所 沖縄県立芸術大学 首里当蔵キャンパス 一般教育棟303教室

研究発表1 遠藤美奈
「戦前の沖縄における本土式盆踊りの諸相
   ~沖縄本島および八重山諸島について~」
 
研究発表2 比嘉悦子
「沖縄のわらべ歌・その継承について」

過去の定例会情報の記録はこちら

支部通信

支部通信は、年2回程度発行し、本ホームページ上で公開致します。支部通信では、定例研究会の案内と報告を掲載しています。

支部担当理事

支部の運営は、支部担当理事(支部長をふくむ)と、5名の支部委員および参事により行われています。現在の支部担当理事、支部委員および参事は、以下の通りです。

支部長 小西潤子
支部委員 高瀬澄子(会計)、三島わかな(例会)、岡田恵美(例会)
参事 古謝麻耶子

(任期:2018年総会まで)