学会案内定例研究会案内大会案内会報・機関誌田邉尚雄賞
社団法人 東洋音楽学会
東日本支部西日本支部沖縄支部情報公開リンク

 学会案内
 特徴
 事業の内容
 定款
 役員等一覧
 会員の特典
 入会方法
 会費割引制度について

学会案内

 本学会は、比較音楽学(民族音楽学の前身)の研究者と日本音楽研究者が中心になって、日本を含む東洋諸国の音楽を研究することを目的に、昭和11年(1936年)に設立されました。現在は、約700人の会員を擁し、日本の伝統音楽をはじめ、ひろく世界中の民族の音楽を対象として、さまざまな視点から音楽を研究しています。

特徴

日本の音楽関連の学会としては、最も古い歴史をもっています。
海外会員も多く、また国際的に活躍する会員を多く擁しています。国際学会を開催した経験もあり、世界の音楽研究の最前線の情報に接することができます。
演奏者がたくさん会員になっています。演奏者と研究者の相互交流が音楽の研究には欠かせません。この学会では、研究者は演奏者から多くのことを学び、演奏者は研究者から新しい情報を得ることができます。
21世紀の音楽文化のあり方を考えます。日本を含め、世界の貴重な音楽文化遺産をどのように21世紀に生かしていくのか、21世紀の音楽文化のあり方はどうなっていくのかを研究します。
若い音楽研究者を育てます。

事業の内容

*研究発表会および学術講演会等の開催(定例研究会および大会)
*学会誌『東洋音楽研究』および学術図書の刊行
*関連学協会との連絡および協力
  日本学術会議協力学術研究団体として協力
  音楽文献目録委員会への参加
  国際伝統音楽学会(ICTM)に日本国内委員会として加盟
  藝術学関連学会連合への参加
*研究の奨励および研究業績の表彰(田邉尚雄賞)
*研究および調査
*その他目的を達成するために必要な事業
  →過去の主な事業はこちら

定款

一般社団法人 東洋音楽学会定款

東洋音楽学会2014〜2015年度役員等一覧

(2015年7月現在)
役職 氏名 (担当)
理事
塚原 康子(会長)
永原 恵三 (副会長、総務、広報)
尾高 暁子(東日本支部長)
福岡 正太(西日本支部長、機関誌)
久万田 晋(沖縄支部長)
植村 幸生(経理、常務)
遠藤 徹(総務、常務)
小日向 英俊(総務、常務)
澤田 篤子(東日本支部担当)
高松 晃子(経理、常務)
竹内 有一(総務、西日本支部担当、常務)
田中 多佳子(機関誌、西日本支部担当)
藤田 隆則(総務、機関誌、西日本支部担当)
増野 亜子(総務、広報)
横井 雅子(機関誌)
監事
蒲生 美津子   小柴 はるみ
参与
酒井 諄
支部委員
[東日本支部]
井上 貴子   奥山 けい子
マット・ギラン   近藤 静乃
中村 美奈子   濱崎 友絵
福田 裕美   伏木 香織
前島 美保   前原 恵美
丸山 洋司
支部委員
[西日本支部]
明木 茂夫   上野 暁子
上野 正章   出口 実紀
仲 万美子   劉 麟玉
支部委員
[沖縄支部]
岡田 恵美   高瀬 澄子
三島 わかな
参事
[本部]
五十嵐 美香(総務)
彭 泓(総務)
大久保 真利子(広報)
太田 郁(総務)
櫻井 陽(総務)
佐藤 文香(総務)
角 優希(広報)
ツェルゲル(総務)
仲辻 真帆(総務)
比嘉 舞(総務)
松本 民菜(広報)
安原 道子(広報)
山下 暁子(総務)
山本 美季子(総務)
渡邊 佐恵子(広報)
参事
[東日本支部]
安納 真理子   江口 麗華
ウメトバエワ・カリマン   木岡 史明
金 奎道   鯨井 正子
酒井 絵美   佐竹 悦子
田辺 沙保里  田村 にしき
宮内 基弥   村山 佳寿子
安原 道子
参事
[西日本支部]
伊藤 悟   井上春緒
梶丸 岳   榧木 亨
竹内 直   辻本 香子
参事
[沖縄支部]
玉城 幸

各種委員会構成(○は委員長)
委員会 氏名
会報編集委員会
井上 登喜子   大久保 真利子
角 優希   ○永原 恵三
増野 亜子   松本 民菜
安原 道子   渡邊 佐恵子
機関誌編集委員会
武内 恵美子   田中 多佳子
福岡 正太   ○藤田 隆則
横井 雅子
情報委員会
小尾 淳   ○小日向 英俊
塚原 健太   テレンス・ランカシャー
時田 アリソン
田邉尚雄賞選考委員会
金城 厚   加納 マリ
福岡 まどか   三浦 裕子
横井 雅子   (以上、第32回)
井上 貴子   加納 マリ
吉川 周平   三浦 裕子
中原 ゆかり  (以上、第33回)

各種派遣委員
委員会 氏名
音楽文献目録委員会
(RILM)
粟倉 宏子   近藤 静乃
吉野 雪子
国際伝統音楽学会
(ICTM)
早稲田 みな子
藝術学関連学会連合
塚原 康子

会員の特典

会員は、学会が主催する定例研究会および大会での発表、また機関誌への投稿の権利を持つことができます。
学会が刊行する機関誌と会報、支部だよりの配布を受けられます。

 本学会は3つの支部を置き、新潟・長野・静岡以東の各都道府県に在住する会員は東日本支部に、富山・岐阜・愛知以西で鹿児島以北の各府県に在住する会員は西日本支部に、沖縄県に在住する会員は沖縄支部に所属します。定例研究会の開催と支部だより(支部通信)の発行は、各支部が独自に行っていますが、それらの情報はすべての会員に通知され、自由に参加することができます。

入会方法

 会員には次の4種類があり、それぞれ会費が定められています。

会員種別 対象 会費(年額)
正会員 当学会の目的に賛同する方 8,000円
学生会員 大学(除:大学院)、短期大学、またはそれに準ずる学校などに在籍する学生で、当学会の目的に賛同する方 6,000円
賛助会員 当学会の目的事業を賛助していただける方 100,000円以上
特別会員 当学会の事業を後援していただける方、または団体 一口金20,000円以上


 入会希望の方は、「Web専用入会申込書PDF版」または「Web専用入会申込書エクセル版」をダウンロードの上、A4縦サイズに収まるよう印刷し必要事項をご記入ご捺印の上、一般社団法人東洋音楽学会事務所までご送付ください(E-mailやファックスでの申し込みは受け付けられません)。推薦者の必要はありません。入会が仮承認された時点で、会費の振り込みをお願いいたします。

入会申込書(PDFファイル)
入会申込書(Excelファイル)

会費割引制度について

 夫婦ともに会員の場合、親子ともに会員の場合、大学院学生および研究生には、会費の割引制度があります。
 夫婦会員、親子会員の割引制度については学会事務所にお問い合わせ下さい。
 大学院生の割引制度を受けるためには「大学院生会費減額措置願い」と学生証のコピーを、また研究生の割引制度を受けるためには、「研究生会費減額措置願い」と学生証のコピー、履歴書を、それぞれ学会事務所に送付してください。これから入会を希望される方は、入会申込書もお送り下さい。
 「大学院生会費減額措置願い」、「研究生会費減額措置願い」および「入会申込用紙」は、学会HPからダウンロードできます。次年度以降も継続して減額措置を希望する場合は、毎年、前年度末すなわち8月31日までに、「減額措置願い」を提出する必要があります。

<A4縦サイズで印刷してください>
入会申込書(PDFファイル)
「大学院生会費減額措置願い」(PDFファイル)
「研究生会費減額措置願い」(PDFファイル)