定例研究会案内支部だより更新履歴トップページへ
一般社団法人 東洋音楽学会 西日本支部

定例研究会案内

 (一社)東洋音楽学会西日本支部では、年間4回の定例研究会を開催しています。学会員以外の方々も聴講は原則的に無料で可能です。日時や内容が決まり次第、学会支部ホームページにてご案内いたします。

東洋音楽学会西日本支部 第277回 定例研究会
日時 2017年9月30日(土)13:30〜16:30
場所 京都教育大学 音楽演奏室
JR奈良線で「JR藤森駅」下車徒歩約3分
もしくは京阪本線「墨染駅」下車徒歩約7分
内容

〇博士論文発表(13:30-15:20)
1.北東カンボジア山地民クルンの音響的参与の民族誌―気分と精霊
        井上 航(京都市立芸術大学)

2.ジョージア(グルジア)の民族的文化遺産としての合唱「ポリフォニー」
  ―20世紀の民俗音楽研究と文化政策を中心に
        久岡  加枝(大阪大学)

〇研究発表(ワークショップ付き)(15:30-16:30)
3.ポリリズムが生み出すグルーヴと身体的律動に関する考察
   ―カメルーン都市部におけるヒップホップ・カルチャーの発生現場
                    矢野原 佑史(京都大学)

例会担当:田中多佳子(京都教育大学)

東洋音楽学会西日本支部 第278回 定例研究会
日時 2017年11月18日(土) 14:30〜
場所

大阪大学吹田キャンパス人間科学研究科 東館404号室

阪急電車千里線 北千里駅(終点)下車 東へ徒歩 約30分、
大阪モノレール 阪大病院前駅下車 徒歩約5〜15分、
阪急バス ・千里中央発「阪大本部前行」、「茨木美穂ヶ丘行」 、
北千里発「阪大病院線」 ※千里中央発北千里経由もあります。
近鉄バス 阪急茨木市駅発「阪大本部前行」(JR茨木駅経由)
いずれも阪大医学部前または阪大本部前下車 徒歩約5〜15分

内容

《タイ王国北部、ラーンナー伝統芸能のいま》
1.「はじめに−ラーンナー王国と伝統芸能」
馬場 雄司(京都文教大学総合社会学部 教授)

2. 「Transformation of Lanna Traditional Music from the Past to Present Time.」Thitipol Kanteewong
(Assistant Professor, Faculty of Fine Arts, Chiang Mai University, Thailand / 総合研究大学院大学文化科学研究科 博士課程 非会員)

3. 「タイ王国チェンマイ県の歌師チャンソーの取り組み―即興歌謡ソーの学習と教授方法を中心に」 伊藤 悟

4. コメント  馬場 雄司

例会担当:福岡 まどか(大阪大学)、伊藤 悟(京都文教大学)